ニュース

【期間限定キャンペーン:2017年3月末まで】 連絡発信装置(ハイパーマルチコマンダー)費用が55万円⇒50万円

EMC

深夜2時 震災発生! 本社ビルはどうなっている?

エマージェンシーコールのユーザ様向け御提案

深夜や休日に発災した場合、入居ビルの被災状況を確認することは困難です。
ご入居ビルの防災センターに連絡発信装置「ハイパーマルチコマンダー」を設置することにより、防災センターからワンタッチでビルの被災状況を関係者へ通知することが可能になります。

期間限定でハイパーマルチコマンダーを通常価格よりも安くご提供しております。この機会に是非ご検討ください。

<導入効果>

休日や夜間に発災した場合にも、これまでの安否確認システム運用の延長で入居ビルの被災状況を把握できるようになります。

<内容>

・連絡発信装置(ハイパーマルチコマンダー)×1台
・連絡発信装置の設定作業
※ハイパーマルチコマンダーによる連絡発信を行うにはエマージェンシーコールのご契約が必要です。
※インターネット回線(または、電話回線)はお客様にてご準備願います。