サービスの特徴

温度異常の緊急アラート確認率100%目標

コールセンター不要!通知手段は4種類&繰り返し連絡

安否確認ソリューションで培った緊急通報で、
回答があるまで手段(電話、メール、アプリ、FAX)/担当者を変え繰返し連絡を行います。

曜日・時間帯別で通知ON/OFFや連絡先を変更可能

時間や曜日により連絡が取りやすい連絡先を設定可能。
本当に必要な連絡先、責任者に全て任せるような負担軽減も可能です。

温度管理を正しく行うためにセンサー設置作業を行います

インフォコムの食品温度管理IoTでは、温度管理を正しく行うことを目的に設置作業を行います。
また、センサーは極力冷蔵庫内に入れないようにしております。

センサー設置作業を行う理由 「置くだけ簡単」では後々面倒になるから!

例えばこんな可能性が......

  • 物品搬入時に温度センサーが動いてしまい、正しい温度が計測できない。
  • 壁設置型だと庫内容量が減り、現場からの不満が発生しやすい。
  • 電波が届きにくい、低温度環境では電池持ちが半分程度になる可能性がある。
    ※最終的には置くだけタイプのものは意味をなさなくなる可能性もあります。

運用時のメンテナンス性に優れています

センサーが故障しても、データ継続

データは継続可能!

センサーが故障やレンタル更新の際、データ継続ができない事がほとんどです。
当社サービスは、センサー入替え時にもデータを継続させる事ができるため、公的機関からの日付指定の提出依頼にも慌てる事がございません。

BCP対策にも!停電時もデータを継続取得

復旧時に自動で再送信!

停電時もセンサーは電池で稼働しているため、復旧時に、過去データをセンサーから自動で再送信します。

通電の可能性を遠隔で把握できるため、BCP対策として支援する拠点の優先順位を判断する材料にもなります。

有事の際の
「食品温度管理IoT」活用フロー

「食品温度管理IoT」を活用すれば、食品事故発生から状況の確認、情報の共有、緊急対応指示まで「漏れなく」「ダブりなく」「迅速に」対応が可能です。
また、やり取りの内容は貴社メンバーのみがアクセスできる環境に格納されるため、機密性の高いコミュニケーションに最適です。

  1. 食品事故発生

    異物の混入や品質不良、
    食中毒発生など

  2. 状況の確認

    発生した事故の内容、日時、
    範囲、関係者などの確認

  3. 情報共有
    コミュニケーション

    確認した状況をもとに想定される
    リスクについて、
    関係者間で情報を共有

  4. 緊急対応指示

    今後の店舗の営業や従業員への案内について、
    指示を伝達