機能一覧

IoTで温度管理を自動化!
手作業で行なっていた記録作業も不要になります。

温度計測機能

中心温度を含めた冷・温の温度を計測します

対象 温度記録 緊急通知
温度計測 冷蔵庫
冷凍庫
保温庫
中心温度※ ×

※詳細はお問い合わせください。

運用機能

その他にも、管理者・現場責任者など運用を考慮した豊富な機能をご用意しています

カテゴリ 機能 備考
ユーザー管理 管理者 全ての管理機能が利用可能
エリア 設定エリアのみ
センサー管理 閲覧のみ
センサー管理 階層 3階層まで設定可能
通知ON/OFF 温度記録のみ、通知設定が可能
閾値管理 温度閾値 アラートレベルを上下2段階設定可能
ログ 操作ログ -
ジョブログ -

\管理者用の画面を動画でご紹介しています/

センサー構成例のご案内

通信SIMを搭載し、導入の際は既存のネットワーク環境を変更する必要はありません。
センサーは電池式のため配線工事も不要です。
※RTR-502Lは電池持ちがメーカースペック4年間。環境により変動します。

ハードウェア(レンタル・購入)

  • ①センサー
  • ②延長ケーブル
  • ③中継器
    (※必要な場合)
  • ④親機
  • ⑤通信SIM
  • ⑥ゲートウェイ

※冷蔵庫はつきません、既存のものを利用。

見積り依頼は、計測対象数(冷蔵庫等)、拠点数などをフォームに記載ください。

レンタルは新価特約動産保険付

レンタル期間中は取得価格100%相当を上限に保険⾦が受け取ることができ、
一般的な保険より手厚い補償となっています。

  • 一般的な動産総合保険
    物件の現在価値に基づいて受取保険⾦が算定されますので、使用期間の経過に応じて、受取保険⾦も逓減していきます。
  • 新価特約付動産総合保険
    レンタル契約期間満了時点まで、機器の取得価格相当の受取保険⾦が設定されます。
    ※一般的なリース・レンタル契約等では、本特約は組込まれておりません。

例えば...

契約開始「1年」経過時に、センサーを落としてしまい、
当時の取得価格相当額の修理費用が発⽣した場合

  • 一般的な動産総合保険
    全額補填されず、修理代⾦と受取保険料との差額分はお客様負担
  • 新価特約付動産総合保険
    修理費用が受取保険料で全額補填されるのでお客様負担ゼロ(修理費が取得価格を下回る場合)