導入事例

日本赤十字社医療センター様 BCPortal EMC

病床数  708床

わが国初の赤十字病院として赤十字精神「人道・博愛」に基づき、高度かつ安全な医療を通して、治療のみならず健康づくりから、より健やかな生涯生活の維持までをトータルで支援しています。

シナリオ通りの形骸化した災害訓練に疑問を抱いていた日本赤十字社医療センター様。 BCPortalとエマージェンシーコールの活用により、災害発生時に「誰が」「どのように」動けば良いかが明確化され、想定外の事象に対応できる災害対策本部に。

「これまでの訓練では、集まった情報を集計・整理しただけで終わっていたのが
BCPortal(ビーシーポータル)とエマージェンシーコールを利用することにより、肝心な情報を収集・分析して、抽出した課題に対して、対応を決めて現場に戻すといったサイクルが回るようになりました。」と語る日本赤十字社災害医療統括監で災害医療コーディネーターの丸山様。
今回の訓練におけるこれまでの課題とIT活用のメリットについてお話を伺いました。

情報を集めて報告するだけの災害対策本部になっていた

国内医療救護部/国際医療救援部
部長 丸山 嘉一 様

今回、初めて「情報管理ポータルシステムBCPortal®」と「緊急連絡/安否確認システム エマージェンシーコール®」を活用した災害訓練を実施した日本赤十字社医療センター様。
国内医療救護部長/国際医療救援部長で日本赤十字社災害医療統括監である丸山様に今回の訓練での気づきについて伺いました。
「これまでの訓練での課題は情報の集約・収集の部分でした。情報の集約を紙に書きだしでいたのですが、紙だと集まった情報を集計・整理しただけで終わってしまう。肝心な情報を収集・分析して、抽出した課題に対して、対応を決めて現場に戻すといったサイクルを回すにはITを活用する必要性を感じていました。
BCPortalであれば、そのあたりのところが瞬時に情報が収集されるし情報を見ながら対応を進められ、訓練もスムーズですし課題も見つけやすいと考えます。」
さらに「多くの情報は本部には上がってくるが各部門へは共有されていなかった。しかしBCPortalなら、情報が各部門においてもタイムラグなく共有できます。これまでは自部門しか見えなかったのが、全体を見ると同じようなことが起こっているとか俯瞰して見られるようになる。これは対策を講じるうえで大きなメリットだと考えています。」
今回の訓練を経て、災害対策本部がどのように変わると考えていらっしゃるかを伺うと
「訓練の際には『結局災害時も通常時も同じでしょ』という声が聞かれましたが、普段と同じであれば災対本部は要らない。想定外のことが起こるから災対本部が必要なんだと。だからこそ自分で考えて動ける災害対策本部でなければ意味がないと考えているのです。災害対策本部で対策を考え、その対応をそれぞれの現場に任せるうえで欠けている部分についてBCPを考えていくことも必要だと考えています。」
と今後の課題についても語ってくださいました。

人の入れ替わりが激しい病院の体制にマッチする、スムーズな更新がメリット

日赤医療センター様が使われているBCPortalのダッシュボード画面

「緊急連絡/安否確認システムとして『エマージェンシーコール®』を選んだのはポイントとして大きく二つあります。
一つは固定電話も含めた様々な通信媒体にも対応可能な点。
重点課題として、災害が発生した場合、拠点病院でもあるため地域の核となって動く必要があります。
災害対応の病院にとって、重要なのは人。
従来は病棟単位の電話連絡網の訓練もあったが、連絡が途中で途絶えてしまっていました。安否確認のツールが喫緊に必要という認識はありました。
選んだもう一つのポイントは連絡先の更新が容易なことです。
病院は一般企業と違い、人の入れ替わりが激しい。
エマージェンシーコールとBCPortalの両方を導入することで、相互の利点を生かした使い方がそれぞれにログインしたりデータを共有させたりといったようなストレスなくできるようになります。」

行政と災害拠点病院間でのスピーディな情報共有を実現するために

先日行われた訓練風景。BCPortalの画面を見て対策を検討される様子。

今後の展望について伺いました。
「当院単体ではなくて例えば渋谷区など自治体との情報共有とか。災害時、自治体だと災害コーディネータが集まる災害医療活動拠点が立ち上がるので、そこと災害拠点病院とか緊急医療関連施設を結ぶエリア全体の情報共有に最適だと思いました。」と仰る丸山様。
現在はFAXで情報共有をされているとのことですので、瞬時に多拠点に情報が共有できるBCPortalを活用することで、災害時のみならず平時の医療現場の対応においても連携が広がりそうです。

災害を想定した定期的な訓練とシステム利用の習慣化で備えを強化されている日本赤十字社医療センター様。
基本方針として掲げられている「保健・医療・福祉ネットワークを基盤にした地域医療連携の推進」「24時間365日対応できる救急医療の充実」をITの面からサポートするべく、同社の災害対策を「情報管理ポータルシステムBCPortal®」や「緊急連絡/安否確認システム エマージェンシーコール® 」を通じて確実に支援してまいります。