イベント・セミナー情報

【2019/2/7、8開催】第23回「震災対策技術展」横浜に出展します。

『第23回「震災対策技術展」横浜』に出展します!

日時

2019年02月07日(木)~8日(金) 10:00~17:00

会場

パシフィコ横浜 Dホール
当社出展ブース NO.803

アクセスはこちらから >>

参加費

無料(当日登録制)

主催

「震災対策技術展」横浜 実行委員会

URL

https://www.shinsaiexpo.com/yokohama/

当社講演枠詳細

講演名

ペルソナを意識したBCPにするために
~個人がアクションできるBCPになっていますか~

講演概要

ほとんどの企業において、すでにBCPは策定されていることと思います。しかし、果たして有事の際に機能するBCPになっているでしょうか。 例えば、一般社員や現場のライン長など、それぞれの人格(ペルソナ)によって有事の際に気にする事象は異なります。 それぞれのペルソナに対して、実際に機能するBCPにするにはどうすればよいか、具体的なペルソナを例に挙げて皆さまと一緒に考えてまいります。

日時

2019年2月8日(金)14:50~15:35

会場

C会場

定員

100名

講師概要

 インフォコム株式会社 
 サービスビジネス事業本部
 モバイルクラウド事業部 
 事業継続主任管理者
 危機管理コンサルタント 
 髙橋 克彦

講師プロフィール

精密機器・半導体メーカーにてロケット搭載用精密バルブやセラミック製バルブ、プラント用継手の設計を担当。高圧ガス製造保安責任者、危険物取扱者、非破壊検査、溶接管理技術など、多数の現場経験と資格を取得。 1994年、(株)イメージーパートナー(現:(株)インフォコム東日本)にて音声応答システムの企画開発を手掛ける。翌年、阪神淡路大震災が起こり、その技術を活かした「避難場所告知システム」を提供。それが現在の「安否確認システム」となっている。 BCP領域では、特定非営利活動法人 事業継続推進機構の災害情報研究会で、実際の災害時に情報がどのように流れて行くかを調べ、IT技術を活用して災害時の被害をいかに最小化出来るか(減災)を研究している。他方で防災・減災のリスク対策コンサルタントとして、多数のBCP策定支援や訓練支援を行っている。