イベント・セミナー情報

【11/16~18開催】「第7回【関西】オフィス防災 EXPO」出展・セミナー講演

日時

Day1 2022年11月16日(水)10:00~17:00
Day2 2022年11月17日(木)10:00~17:00
Day3 2022年11月18日(金)10:00~17:00

会場

インテックス大阪

アクセスはこちらから >>

主催

RX Japan株式会社

<展示会概要>
https://www.office-expo.jp/kansai/ja-jp/about/bousai.html

備考

<当社展示会ブース>
オフィス防災EXPOエリア 小間No.17-72

<ご参加お申込み>
下記リンクからe-招待券をダウンロードください。
※招待券をお持ちでない場合、入場料が一人5,000円かかります。
 招待券のダウンロードをお勧めします。

当社講演枠詳細(無料/事前登録制)

展示会1日目

2022年11月16日(水)13:30~14:10

~阪神淡路大震災の教訓~
安否確認の重要性「レジリエントな企業は何をしている?」


<講演概要>
阪神淡路大震災は今でも、我々に多くの教訓を遺しています。 同じような規模の災害が発生した場合、策定したBCPをもとに事業継続は出来るでしょうか。 事業継続には人的資源が必要不可欠です。従業員の安否を確認し、速やかに集中すべき所にリソースを配置する。レジリエントな企業が行っている対応を例にお伝えします。

<講師概要>
サービスビジネス事業本部 デジタル・サスティナビリティ事業部
危機管理主任コンサルタント
髙橋 克彦

<講師プロフィール>
前職にてロケット搭載用精密バルブやセラミック製バルブ、プラント用継手の設計を担当。高圧ガス製造保安責任者、危険物取扱者、非破壊検査、溶接管理技術など、多数の現場経験と資格を保有。BCPについては、事業継続推進機構の災害情報研究会で、実際の危機発生時に情報がどのように流れて行くかを調べ、ICT技術を使って、リスクをいかに軽減できるかを研究している。リスク対策コンサルタントとして、多数のBCP策定支援や訓練支援を行っている。

展示会2日目

2022年11月17日(木)14:30~15:10

~自社の脅威をどう考えるか~
「外部情報を活用したBCP策定のポイント」セミナー


<講演概要>
外部の情報を収集して次の対応に繋げるにはどのようにしたら良いか。 災害時の情報収集力と収集した情報の活かし方が、その後の事業継続を大きく左右します。 身近に起こりうる災害に対して、外部情報を活用したBCPを策定するポイントについて詳しくご説明します。

<講師概要>
サービスビジネス事業本部 デジタル・サスティナビリティ事業部
防災士/BCAO事業継続主任管理士 危機管理コンサルタント
徳山 英治

<講師プロフィール>
1989年 帝人システムテクノロジー(現インフォコム)に入社。 メインフレームコンピュータのEUCパッケージソフトウェアの開発や 企業向けSI開発を経験し、数々のプロジェクトをPMとして推進。 危機管理事業への転身後は、BCAO等で事業継続・危機管理を学び、これまでに数百のお客様に危機管理運用改善を提案。危機管理業務におけるIT化の進展に尽力するべく、「ICTを活用し企業組織の危機管理・事象継続に貢献する」をミッションとして活動。

展示会3日目

2022年11月18日(金)15:30~16:10

「策定済みのBCP、見直しポイント総点検!」


<講演概要>
BCPを実効性の高いものにするには、自社を取り巻く社会の状況や事業環境の変化を反映したものに更新し続ける必要があります。 しかし「見直しのポイントをどう考えたらよいのか」等、悩みは尽きません。 今回は「策定済みBCPの見直しポイント」をテーマに、いかに実効性のあるBCPにするかという視点でお伝えしていきます。

<講師概要>
サービスビジネス事業本部 デジタル・サスティナビリティ事業部
防災士/BCAO事業継続主任管理士 危機管理コンサルタント
徳山 英治

 

本セミナーは終了いたしました。
たくさんのご参加ありがとうございました。