情報セキュリティインシデント発生時の利用

BCPortalは、情報セキュリティインシデント発生時の初動から事業継続までの情報収集、コミュニケーション、情報共有、危機広報を強力にサポートします。

たとえば、ある従業員が利用するパソコンがウイルスに感染した場合。

従業員は、速やかにBCPortalのメールフォーム機能を使用して情報セキュリティインシデントの第一報をCSIRT(Computer Security Incident Response Team)へ送ります。

CSIRTは、全社従業員に向けて情報システムインシデントが発生したことと注意喚起をBCPortalの掲示板機能を使用して掲載します。

続いて、CSIRTはリスク管理部門へBCPortalのグループトーク機能を使って報告し、今後の対応指示を仰ぎます。

外部機関への情報提供についても、BCPortalの掲示板機能を使用することにより対応可能です。

様々なフェーズでの利用を支える機能一覧

情報セキュリティインシデント発生時の図