エマージェンシーコールとは

安否回答率・連絡内容の確認率100%達成に
こだわった安否確認システム

  1. 危機発生
  2. 情報収集
  3. 情報共有
    コミュニケーション
  4. 事業継続対応

エマージェンシーコールとは

エマージェンシーコールは、災害などの危機発生の場面で広く活用されてきた緊急連絡/安否確認システムです。

1995年1月17日に発生した阪神淡路大震災での経験をもとに誕生し、お客様のご要望にお応えする機能を充実させてきました。

2011年3月11日に発生した東日本大震災においても安定稼働を続け、災害時の安否確認のみならず、BCPの各フェーズで発生する指示伝達、緊急連絡ツールとしてもご利用いただき、お客様の事業継続に貢献しました。

2分で分かる!安否確認システム「エマージェンシーコール」

※再生ボタンをクリック頂くと、音声とムービーが流れます。動画再生時間は約2分です。

過去の震災で安定稼働した実績が高く評価!

エマージェンシーコールは、東日本大震災、熊本地震において、安定して稼働し続けたことから「最も信頼できる安否確認システム」と評価されました。

この評判により、東日本大震災当時450社(2011年3月)の御利用企業数が現在では、1,000社(2016年6月)となっています。この中には、他社サービスから当社サービスへ切り替えたお客様も含まれています。

回答率100%にこだわった独自機能!

エマージェンシーコールは、「様々な連絡手段の提供」、「回答するまで”繰り返し連絡”」などの独自機能により安否回答率・連絡内容の確認率100%達成を目標としたサービスです。

これらの機能により東日本大震災や熊本地震でも安定して稼働し、高い回答率を維持することができました。

利用者の立場にたったインタフェース提供!

エマージェンシーコールの回答は、「インターネット系」、「電話系」、「メール系」の3つの手段をご提供しています。これにより、災害・事件・事故発生時の混乱の中でも、その時に従業員が利用できる手段で回答することが可能です。

また、「家族向け伝言サービス」、「再通報抑止機能」など、利用し易さを第一に考えた機能も充実しています。

運用管理者の負担を軽減する様々な工夫!

安否回答状況は権限を持っている方であれば、PCやスマートフォン・タブレットから簡単に確認することができます。また、出社可能者の抽出や返答がない社員への二次緊急連絡を行うことも可能です。

管理者の人数や組織階層に制限はなく、「社員情報一括登録」、「グループ企業を含めた運用設定」、「様々なデバイスからの連絡発信」など、運用管理者の負担を軽減する工夫が施されています。

システム利用の定着をサポート

エマージェンシーコールは、システム本運用開始まで専任担当者による導入支援を実施いたします。お客様の業務要件に沿った設定・運用方法を事例と経験を踏まえて適切にご提案いたします。

BCPの初期対応から事業継続対応まで様々なフェーズで活用

エマージェンシーコールは、安否確認・緊急連絡ツールとしてBCPの様々なフェーズで御利用いただくことが可能です。

BCPortalと連携することで、災害・事件・事故の発生~初動対応~事業継続対応までをICTで統合的に対応することが可能です。