イベント・セミナー情報

【7月28日(金)開催】「オフィス防災EXPO」セミナー講演

オフィス防災EXPOは、危機管理・災害対策の商談専門展です。企業・官公庁・学校・病院向けのあらゆる災害対策製品が一堂に出展。初回から計300社※が出展し、総務・防災担当・経営の方が来場します。商談・製品導入のために、ぜひご来場ください!

日付

2017年07月26日(水)~28日(金) 10:00~18:00

会場

東京ビッグサイト

アクセスはこちらから >>

参加費

無料 (事前申込制→「お申込みはこちら」(オレンジ色)から)

主催

リードエグジビジョンジャパン(株)

当社発表枠詳細(有料)

講演名

今すぐ出来る! ICTを活用した「機能する災害対策本部」の作り方

日時

7月28日(金)15:00-16:15

会場

BOS-4

講演概要

昨年は熊本地震を始め全国各地で広域災害が発生しました。災害対策本部はうまく機能しましたでしょうか?本セミナーではICTを使った災害対策本部のつくり方から訓練までを分かりやすく解説します。BCPと防災、災害対応チーム(CMT)の重要性、どのような訓練があって、なぜ訓練が必要なのか。経営者に対して、雑多な情報をいかに早く報告できるかが重要となってきます。そこにICT技術を組み込むことにより素早く行うための体制の構築について考えてまいります。

講師プロフィール

 インフォコム株式会社 
 サービスビジネス事業本部
 モバイルクラウド事業部 
 リスク対策コンサルタント 髙橋 克彦

講師概要

精密機器・半導体メーカーにてロケット搭載用精密バルブやセラミック製バルブ、プラント用継手の設計を担当。高圧ガス製造保安責任者、危険物取扱者、非破壊検査、溶接管理技術など、多数の現場経験と資格を取得。1994年、(株)イメージーパートナー(現:(株)インフォコム東日本)にて音声応答システムの企画開発を手掛ける。翌年、阪神淡路大震災が起こり、その技術を活かした「避難場所告知システム」を提供。それが現在の「安否確認システム」となっている。BCP領域では、特定非営利活動法人 事業継続推進機構の災害情報研究会で、実際の災害時に情報がどのように流れて行くかを調べ、IT技術を活用して災害時の被害をいかに最小化出来るか(減災)を研究している。他方で防災・減災のリスク対策コンサルタントとして、多数のBCP策定支援や訓練支援を行っている。

専門セミナー
お申込み

専門セミナーお申し込みはこちら

本セミナーは終了いたしました。
たくさんのご参加ありがとうございました。